ITIN 個人用納税者番号について

ITIN (Individual Tax Identification Number)個人用納税者番号について
ソーシャル・セキュリティー・ナンバーを取得する資格のない方には、納税申告用として米国の税務当局IRSにより個人用納税者番号(ITIN)が発行されます。


Q. ソーシャルセキリュテイ番号がないと美容ライセンス受験ができないと聞きましたが、どうしたらよいでしょうか?

2015年のステード規則改正により、これまでSSN(Social Security Number)を持っていないために美容ライセンス受験ができなかった方も、SSNの代わりにITIN (Individual Tax Identification Number)を取得することで受験が可能になりました。
http://www.barbercosmo.ca.gov/applicants/

pic_column_28_01

Q. 学生でもITINの取得は可能ですか?

学生ビザをお持ちならば、可能です。渡米後に、大使館で旅券所持証明書発行(申請費用$22)の申請をする必要があります。

Q. ITINの申請に費用はかかりますか?

会計士などに依頼すれば費用は発生しますが、ソーシャルオフィスにITINを申請するのは無料です。

Q. 申請手続きをする場合は、どのような書類が必要ですか?

プロに依頼するケースでも、知識があったほうがスムーズな手続きができます。事前に準備しておかなければならない書類は下記を参考にしてください。

pic_column_28_02

【ステップ1】

Form W-7 ダウンロード先:
http://www.irs.gov/pub/irs-pdf/fw7.pdf

【ステップ2】

pic_column_28_03

日本大使館から発行された旅券所持証明書とパスポートの発行元のCertified Copy、そしてビザ証明をIRSに送付します。
pic_column_28_04

在学中の学校よりI-20と在学証明書を発行してもらいます。
pic_column_28_05

在第三者に依頼する場合は委任状が必要です。
pic_column_28_06

【ステップ3】
申請から約4~6週間後にForm W-7 に記載された住所にITIN番号が記載されたレターが届きます。

* 上記は一般的なケースに基づいた回答です。必要な書類、申請方法などは個々によって変わることもあるため、事前に専門家にご相談ください。