徳永優子について